韓国人の彼氏とどこで出会ったの?日韓カップルに聞いてみました!Vol.1(Aさんの場合)

日韓カップル出会いを求めて三千里

今回お話を聞かせてもらったのは、韓国で日本語講師として働いていたAさんです。

Aさんカップルは既に入籍されており、国際結婚カップルです。

スポンサーリンク

出会いのきっかけは?

出会いは、先生と教え子という立場で出会いました(笑)

彼は私の担当する日本語クラスの学生として初めて会いました。

第一印象は正直あまり覚えていなくて、単純に学生の中の一人という感じでした。

私のクラスは40代サラリーマンの人が多かった中で、彼は一際若かったので授業が進んでいく中で自然と打ち解けた気がします。

どうやって親しくなったのでしょう?

韓国では、日本語クラスに通うのは仕事終わりのサラリーマンやOLさんも多く、授業のあとに先生と生徒一緒に飲みに出かけることが頻繁にありました。

休日も、山登りやピクニックに誘われたり。

先生を敬う文化があるので、上げ膳据え膳のような(笑)

そんな中である飲み会のあとに、私がすこし飲みすぎてしまって、一番若かった彼が私を送ってくれることになったんです。

ちょっと千鳥足になる私をグッと抱き寄せて歩いてくれた彼に急にドキドキしてしまって(笑)

軍隊も終えているのでガッシリした感じがなんとも頼もしくて。

それから彼を意識してしまう日々が始まるんですが、なんせ先生と教え子の関係なので前にすすむこともできず・・・

スポンサーリンク

付き合うきっかけとなった出来事は?

そんな状態が数ヶ月ぐらい続いたとき。

私が、引っ越しをすることになって。

彼が手伝いに来てくれたんです。

さほど荷物の多くない私は軽トラ一台でどうにかなるレベルだったので、彼の会社の車で荷物を運んでくれました。

それで、着いた新しい新居を見て彼が驚いてしまって(笑)

半地下の部屋だったのですが、

「女性の一人暮らしでここはダメ」と。

すぐにご両親(笑)や、知り合いに連絡をとってくれて、もっといい部屋を探してくれました。

その行動力に私はクラクラきてしまって。

不動産との交渉もしてくれて。

その夜、お礼の気持ちをこめて私から食事に誘ったのですが、

「じゃあ、うちに来ませんか?」と予想外の急展開。

彼が家族と住むマンションにお呼ばれされたんです。

家族のみなさんがとってもフレンドリーに迎えてくれて、とっても楽しい一時でした。

食後にみんなでフルーツを食べていたときのこと。

妹さんが、

「お兄ちゃんは、いつも先生のことかわいいって言ってるんですよ。」

って、耳打ちしてくれて(笑)

お母さんも、

「仕事が忙しいんだから日本語クラスは休むように言ったら、先生の授業を聞きたいから絶対辞めないって言うんですよ。」

って。

嬉しくて、ついついはしゃいでしまいました。

その帰り道のこと。

「先生は、いつ日本に帰りますか?」

と彼に聞かれ。

「今のビザが切れたら、講師として他の国に行くかもしれない」

と告げたんです。

そしたら、

「僕も行っていいですか?」

と。

驚く私に、

「先生のことがとても好きです。女性として好きです。でも、ここでは先生と教え子だから、もし先生がOKしてくれるなら他の国で対等な立場でスタートしたいです。」と。

告白だけではなく、

これから先のことまで含めての言葉に、

待って待って待ってって言った気がします。(笑)

その後結婚まではどのように進んだのでしょう?

お互いの気持ちを確認したあと、しばらく内緒でお付き合いはしましたが。

一年後、一緒にカナダに渡りました。

籍は入れていませんでしたが、

お互いの両親には事情を説明し、一緒に行く旨了解をもらって発ちました。

そこから一年カナダで同棲し、結婚に至りました。

結婚後はソウルに戻り、子供にも恵まれ韓国でアジュンマ生活を楽しんでいます。

韓国での生活はなにかとストレスも多いですが、

頼もしい彼のおかげでうまくストレス発散しながら暮らしています。

韓国人の彼氏が欲しい日本の女の子に向けてアドバイスを

もし韓国人男性とお付き合いがはじまったら、あなただけ韓国語を勉強するのではなく彼にも日本語を勉強してもらうことを強くおすすめします!

やはり、結婚したあと、

お互いの両親とそれぞれが通訳せずに会話できることが、親孝行にもつながるし、円満な家族関係を築けると思います。

以上、

ソウルで幸せな結婚生活を送るAさんの出会いから結婚までのお話でした♪

タイトルとURLをコピーしました